アパート経営の失敗を防ぐ方法|安全に運営するために

女性

居住ニーズの把握

アパート

立地条件がポイント

日本では相続税の増税以降、アパート経営による節税効果を狙った投資が増加しております。遊休地の活用に加えてアパートの一棟売り物件も市場に出ており、アパート経営の選択肢が広がっています。金融機関も低金利で運用先がないため、アパート経営のための融資のハードルが大幅に緩められています。しかしながら、少子高齢化によって、人口が減少する時代のアパート経営で失敗しないためには、事前の計画が重要となっています。人口の都市部への集中が顕著となっているので、地方でのアパート経営は余程条件が揃わなければ失敗の可能性が高くなっています。都市部でもアパート経営を失敗させないためには立地条件が重要です。都市部の交通アクセスは向上しておりますが、通勤や通学を考慮すると徒歩圏である10分以内が計画の判断基準となっています。都市部でもバス便の利便性の高い地域では停留所の至近であれば賃料によっては成功する可能性があります。アパート経営は事業用資産として相続税評価額が大幅に減額されるというメリットに加えて、金融機関からの調達で事業資金を賄えばその分資産価格を圧縮することが出来ます。また、立ち上がり時は営業赤字が見込まれるため、総合課税による節税効果も期待できます。しかしながらアパート経営は長期的な視点で取り組まなければなりませんので、居住者ニーズの変化にも対応することが可能となる間取りや材質を選択することが失敗を防ぐ方法となります。